健診センターの戦略的な営業ツール  健診センターは利益が上がりやすい組織

厚生労働省の発表によると健診センターの黒字施設は94%であり、営業利益率は32%と病院本体の医業利益率を大きく上回っています(※1)。 健診センターとは医療機関(病院)の中で唯一の『営業戦略を構築できる』施設であり、その戦略構築の優劣により活動に大きな違いが出る組織です。そのため 健診センター特有のノウハウやポイントを認識することで収益性の高い活動を行うことができれば、法人全体の収益バランスの改善に繋げやすいという利点もあるのです。

※1 厚生労働省/平成23年度医療施設経営安定化推進事業「病院経営管理指標及び医療施設の医業外事業による本体業務への経営的影響に関する調査研究」報告書
 『看護師採用』の流れの把握

受診者に選ばれる健診施設になるためにはホームページやパンフレット、リーフレットなど情報発信するツールが重要です。また単にツールを作ればよいわけではなく、ターゲットはどの年代か、デザインはどういったものが好まれるかなど、情報がより届きやすいように知恵を絞り、振り向いてくれる受診者をいかに増やすかが受診者数UPのポイントになります。 社員の健康診断の委託先を検討している企業担当者や、病気が気になる方々に「この施設で受診しよう」と思ってもらえるように、自施設で受診する魅力を伝える必要があるのです。

 『看護師採用』の流れの把握

情報発信ツールにはホームページ・パンフレット・チラシ(ポスティング・折り込み広告)・ポスター(バス広告・駅壁広告)などがありますが、目下重要なのはホームページです。パソコンやタブレット端末が普及している近年では、手軽に情報が入手できるホームページが特に重要な位置づけになります。 健診センターの経営ノウハウを持った企業の受診者目線に立ったアドバイスで、効果が上がるツール制作を支援します。

有効手段の理屈 有効手段の理屈
  • ホームページ制作
  • パンフレット制作
ページトップへジャンプ